やってみよう!ファイルサーバーの現状調査

ペーパレスが加速度的に進んできた今日のオフィスですが、その受け皿である電子ファイルの整理が課題になってきています。特に非定型文書の格納場所となるファイルサーバーに関しては、整理方法などが具体的に示されることなく手が付けられない状況になっていることが多いようです。
まずは、実態を正しく知るためにファイルサーバーの現状調査をお勧めします。

ペーパーレスは電子文書を増加させる

ペーパーレスがこのところ、年を追うごとに進んでいます。
紙で長いこと保管され、参照されてきたものは、検索の利便性や保管スペースの削減などを理由に電子化を検討する場面が増えてきているようです。
また、受注業者から納品される成果物の文書もPDFなどの電子文書を指定する発注元も多くなってきています。
そして、このような文書の格納スペースとして、多くの組織ではファイルサーバーが使用されています。
また、仕掛かり中の文書などの保管場所もファイルサーバーです。
そうです、ファイルサーバーの保管データは毎日追加されているのです。

ファイルサーバーでよくある問題

文書管理のインタビューで、ファイルサーバーに関しては以下のような意見が寄せられます。
  ・どこに何が入っているか全くわからない。
  ・他人が作成したファイルは探せない。
  ・先輩から引き継いだフォルダは手つかずのまま自分が持っていたが、
   そのままの状態で他の人に引き継いだ。
  ・いつも容量が足りなくて困っている。
  ・容量拡張の依頼が絶えないが、まずは、整理をしてほしい。(システム管理者から)
ファイルサーバーは自由度が高く便利ですが、放っておけばマイルールが横行し、共有しづらいものになってしまいます。
そうやって、次第に手がつけられない状態が進みます。
ファイルサーバについては、「整理を心がけること」を啓蒙しても、現場ではどんなふうに整理したらいいかわからないし、ゴールイメージがない。
でも、ルールを作るほうだって、何が望ましいが決めかねる。
。。。。
だから、もっと客観的に状況を把握するために、まずは現状調査が必要になります。

現状調査ってどうやるの?

現状調査では、客観的な事実を収集して分析した結果をまとめます。
以前は、主に紙文書の現状調査を記事でご案内しました。

この電子文書版を行うのです。

①定量的な情報を把握する


あらゆる観点から定量的な情報を収集します。また、部署毎に数値をまとめておくことで部署の傾向を知ることができます。
この調査ではこんなことがわかります。

■ファイルの容量や数量
 ・容量を多く使用している部署はどこか。
 ・一人あたりの容量を多く使用している部署はどこか。
 ・ファイル数が多い部署はどこか。

■保管されているファイルの種類
 ・どんなファイルを多く保管しているか。
  (文書ファイルなのか、映像ファイルなのか)

■参照されていない古いファイルの存在
 古くてかつ参照された形跡のないファイルあるか。
  (これが多いのであれば、削減の余地があるかもしれません。)

②命名状況を確認する


もし、会社で指定されたルールやガイドラインがある場合、それに照らし合わせて命名状況を確認します。また、無い場合は次のポイントで命名状況をチェックしていきます。
  ・「○○コピー~」というフォルダ名やファイル名がある。
  ・同じ名前でも半角や全角が統一されていない、
   また、数字の付番ルールが途中から異なっていないか。
  ・ファイル名やフォルダ名があいまいになっていないか。
     例:○○関係、その他 など

③困っていることを聞く


アンケートやインタビューなどで実際に社員が困っていることや、どうしてほしいかとかいう生の意見を情報として取得します。定性的な情報を収集することが目的です。
また、①や②である程度状況を把握してから、アンケートやインタビューを行うようにします。アンケートは広く情報を収集できますが、本音まで押さえられるかというとなかなかそうはなりません。反対にインタビューは、特定の社員が対象にはなりますが、対面で行うため本音を聞くことができるメリットがあります。

④ファイルサーバーそのものでないが、
 関係性を押さえておくべき周辺領域


ファイルサーバーの周辺領域はどうなっているでしょうか。例えば、文書管理システムはファイルサーバと非常に近接しているものですが、棲み分けは出来ているでしょうか。
また、ワークフローシステムなどの添付ファイルの保管先にファイルサーバーが指定されていることもあります。これらは何らかの紐つけIDで関連付けられ、探しやすいように関連付けられているでしょうか。

問題を取りまとめ、解決策を検討する

データが揃ったら、問題を分析して解決策を検討します。
以下に3つの視点での問題を例としてあげてみました。

  ①削減に関する問題
   削減の障壁になっていることは何か。
  ②ルールに関する問題
   現状と適合しないルールになっていないか。
   必要なのに決められていないことがないか。
  ③運用に関する問題
   他のシステムとの2重に保管されているものはないか。
   業務や文書のだぶつきはないか。

ここでは例を出しましたが、これらは、視点の設定と調査結果、会社の状況によって変わってきます。
ここでは、十分な分析と検討が必要です。

外部に依頼する?

ファイルサーバーの調査について説明をしてきましたが、自社内では日常業務もある傍ら、なかなか実行できないこともあるのではないでしょうか。また、問題点の洗い出しについても、どのような視点で整理するかなど迷ってしまうことも多いことでしょう。
文書管理コンサル会社に調査を依頼し、客観的な見地から調査結果と問題点やその解決策をレポートで提出してもらうのも一つの手です。

■■ まとめ ■■

容量オーバー気味なファイルサーバーの実情を、定量的な調査と合わせて、インタビューなどの定性的な調査を行うことで、客観的データを収集し、根本的な解決策を検討することができます。
ご相談はこちら ↓

コンサルティング事業部/石川

※関連記事

「組織の知カラ」に 相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
コツ紙文書研修ルール情報メリット博物資料整理整頓電子帳簿保存法成功事例維持管理デメリット整理経理書類文書管理規程文書管理コンサル文書管理システムセミナーデザインBCP移転e-文書法情報管理公文書館専門家紙の電子化業務効率化契約書活性化情報収集契約書管理アーカイブ労働生産性定型秘密文書保管コスト情報漏えい組織力ランキングe文書法成果人件費検索ファイル削減非定型図書館組織化文書図面スペース展示ワークフロー電子化文書管理写真広報人材育成セキュリティ動向失敗事例リスクマネジメント規程広報サポート・広報ツール制作属人化スキャナ保存ナレッジマネジメント電子ファイル廃棄事例情報共有ファイリング意欲ラベリング対策成功共有効果リスク方法分類コミュニケーションマニュアル目標職場環境森友学園C文書管理規程作成文書削減C秘密情報C紙文書電子化公文書管理法情報公開ナレッジ記録C番外編文書管理 メリット文書管理マニュアル文書保管C文書管理事例C業務効率化Cスキャナ保存期間南スーダンマイクロフィルム文書のライフサイクルアート基準C契約書管理全文検索契約書 電子化誤廃棄文書管理規則保存媒体組織C文書管理導入文書保存C文書管理コンサルC情報共有電子化 成功説明責任CリスクマネジメントCe-文書法紙文書 電子化働き方改革訴訟内部統制ペーパーレスペーパレスC文書管理導バイタルレコードテレワークB事例
会社情報