文書管理コンサルに頼む?自力で進める?

さて、今回は文書管理コンサルなどの専門家を活用するか、自力で進めるかについてのお話です。
文書管理コンサルはいったい何をしてくれるのか?メリット・デメリットは何なのか等についてご紹介します。

コンサルは、文書管理をスタートさせる起爆剤

「いつかはやらないとなぁ」と思っている文書管理。
必要性はわかっているけど最初の一歩が踏み出せない、そんなふうに思っている方も多いと思います。管理部門の方々は特にですよね?
最初の一歩が踏み出せない理由の多くは、「どこから手を付けてよいのかわからない」ことにあるのではないでしょうか。

そんな方にとってコンサルは、最初の一歩を踏み出すいい起爆剤になります。

文書管理コンサルがまずやることは、顧客からヒアリングを行い、顧客の問題点や要望を分析し、解決までの実行プロセスを設計することです。
この実行プロセスの設計が曖昧だと、実行主体である従業員たちは誰もついてきてくれません。

*スタートからゴールまで、何をするのかがわかってこそ、組織のメンバーはついてきてくれます。
*

コンサルは過去の経験や事例から、実行プロセスの設計を即時に行い、組織のメンバーに「なんかできそうな気がする」という気持ちにさせる手法を知っています。

それは企業が文書管理を始める起爆剤となります。

みんなをやる気にさせるのもコンサルの役割

さて、コンサルの役割は実行プロセスの設計を行い、「さあ、この通りやってください」と言って終わりではありません。実は本当の問題はこの後にあるのです。

それはズバリ、文書管理に向けた従業員の「やる気」です。

管理部門の方々はともかく、営業部門やライン系の部門の方々の多くは、文書管理なんかやりたくもないし、そこに問題意識も持っていません。
『忙しくてやってられない』
『今のままで困っていない』
『システムでも導入して、全文検索でもかければいいじゃん』
などがよくある反発の「あるあるコメント」です。

そうした方々との軋轢を吸収し、「やる気」にさせるのがコンサルの役割です。

我々コンサルは問題点を顕在化させ、文書管理を行う目的やメリットを意識づける教育訓練プログラムや、
従業員の動機づけを図るための制度設計・体制構築などにより、組織が一体となって、少し楽しみながら文書管理に取り組む風土づくりを行います。

何かをやる時はプロセスやロジックも必要ですが、それだけで人は動いてくれません。
まずは実行する本人たちがやる気になることが一番大切なことです。

コンサルに頼む場合と、自社で進める場合のメリット・デメリット

それではコンサルに頼まないと文書管理はできないのでしょうか?

いえ、実はそうとは言い切れません。
メンバーをまとめあげるリーダーシップや、一定の知識が備わっている方なら自力推進も可能かもしれません。
自力で進めればコンサルに頼むイニシャルコストはかかりません。
でも上手く進められなかった場合、ムダな工数を社員に課してしまいます。
そして長期化すれば、文書管理そのものが形骸化する恐れがあります。

というわけで、コンサルに頼んだ場合と、自力で進めた場合のメリット・デメリットを整理してみます。

こうしたメリット・デメリットを踏まえて、どちらの選択がベストかを考えてみましょう。

コンサルに頼むか、自社で進めるかの判断基準

メリット・デメリットを踏まえてベストな選択をしましょうとお伝えしましたが、とは言われてもなかなか難しいものです。
この記事をご覧になっている方々の中には、コンサルなどの専門家に頼みたいと思っているのに、なかなか上司に切り出せず、判断に困っている方も多いかもしれません。
そこで自社の状況に応じて、コンサルに頼むべきか自社で進めるべきか、その判断基準になるフレームワークがありますのでご紹介します。

下の図は慶応大学総合政策学部の花田光世という教授が提唱したものです。

4つの象限に分かれていますが、今回のお話と関連した結論を簡単にまとめると、

・設計/計画が自社でできないならコンサルに頼むべき
・設計/計画が自分たちでできるなら、運営部分だけ外注すべき
・設計/計画も運営部分も自分たちでできないなら、すべてをアウトソースすべき
・設計/計画も運営部分も自分たちでできるなら人材派遣を活用すべき

ということです。

さて、みなさんの会社の状況はいかがでしょう?

もし「コンサルに頼む」という判断になった際には、
ぜひ一度、当社にお問い合わせを。

コンサルティング事業部/鈴木

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟
会社情報