ナレッジマネジメントのはじめの一歩から活用まで(3)

文書をナレッジとして活かすその3回目です。
今回は、情報の利活用(循環)について考えてみましょう。

  • 第1回 基礎:ナレッジマネジメントの基礎となる文書管理
  • 第2回 発展:ナレッジの発展!積極的な情報収集を検討する
  • 第3回 循環:情報の利活用

第3回 循環:情報の利活用

ナレッジを活用しよう!

前回、文書のライフサイクルの中でのナレッジの発生について説明しました。
業務の現場から発生するもの、文書が本来の役目を終え選別されてビジネスアーカイブになったものなどがナレッジとして蓄積されていきます。

日常業務の文書の流れと発生するナレッジ

図の右側にあるナレッジを今度は業務に活かします。下の図はそのイメージです。

ナレッジを日常業務に活かす
ナレッジとして、蓄積したものを「文書の作成・収受」、「処理」のフェーズで利用するイメージです。

どのような外部情報があるのか、どう情報共有すればよいのか

文書の作成では、蓄積されたものを利用して文書を作成する時間の短縮ができますし、作成者がそのときは知らなくても、その企業の誰かが先に知った知識を盛り込むことができます。つまり、低コストで高品質の仕事ができるわけです。

下記の調査結果は、このサイトでもよく取り上げているIDCの国内のインフォメーションワーカーに関する調査結果の抜粋です。

出典:2012.9 日本国内のインフォメーションワーカーが抱える生産性ギャップ:IT部門の新たな課題と機会
米国IDC(International Data Corporation :IT専門の調査会社)

このグラフをから、「文書の作成」(12.5時間)や「調査や情報収集」(5.9時間)に多くの時間が割かれているのがわかりますが、これらに対して効果を発揮することができます。

判断・決定に使用するときの効果

「処理」のフェーズでは、文書は業務フローに沿って部門や人の間を巡り判断されながら、最終的に意志決定されます。

このときの判断材料の資料としてナレッジが使われます。

企業としてナレッジが整えられていない場合には、社員それぞれが工夫を凝らして判断に必要な情報を自分の身の回りにストックして、日常業務をこなしている場面が多く見受けられます。

結果、個人管理のストックが多くなったり、会社全体から見て知識のムラができたりするのでないでしょうか。

ひどい場合は、情報を共有せずに自分の中に囲っておくことで自分の存在価値を高めようとする人もいます。

経営側などの上層部から見ると「共有してもらいたいなあ」と思う状況です。

末端の社員からは、持っている情報で差をつけようとする尊敬できない先輩に見えるのではないでしょうか。

ナレッジ活用事例

蓄積されたナレッジは他の企業ではどのように活用されているのでしょうか。それらの一部を紹介していきます。

ジョブローテーションを可能にする


戦略的・計画的にジョブローテーションを行っている企業も多いとは思いますが、やりたいけれどもできないと考えている企業も多いようです。

そのできない理由のひとつが仕事の属人化です。思い切った人事異動を行うことによって生じるロスの発生が予測されてしまい、とても踏み切れないと判断されてしまいます。

ナレッジとして蓄積し、ノウハウを整理しすぐに引き出せるようにしておけば、属人化は防げるものです。そして、ジョブローテーションなど長期的効果の見込める取組みが実行可能となります。

新しい製品やサービスを企画する


新しいことするときには、まず情報収集です。組織的な情報収集の仕組みがあれば、情報収集の時間を短縮することができます。

例えば、先輩が過去に行った情報収集を知らず、最初から調べてしまったなどどいうことを防ぐこともできます。

また、製品やサービスを企画する場合、その企業の強みを活かすために、自社のことも知らなければなりませんが、蓄積されたナレッジからそれらを得ることができます。

企業ブランドを社内外に浸透させる


その企業のブランドを明確に社外に示すことができ、社内においても浸透させることができます。

その企業の創業時にスポットを当てた、新人研修資料を作成し、企業DNAを継承する取組みをしている企業もあります。

証拠資料として利用する


訴訟発生時に、証拠資料としての利用することも念頭に蓄積をすすめている企業もあります。

みなさんの会社でも、文書管理、情報共有をナレッジまで発展させて、知識の循環を行ってみませんか。

きっと大きな効果があるはずです。

コンサルティング事業部/石川

※関連記事

「組織の知カラ」に 相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
コツ紙文書研修ルール情報メリット博物資料整理整頓電子帳簿保存法成功事例維持管理デメリット整理経理書類文書管理規程文書管理コンサル文書管理システムセミナーデザインBCP移転e-文書法情報管理公文書館専門家紙の電子化業務効率化契約書活性化情報収集契約書管理アーカイブ労働生産性定型秘密文書保管コスト情報漏えい組織力ランキングe文書法成果人件費検索ファイル削減非定型図書館組織化文書図面スペース展示ワークフロー電子化文書管理写真広報人材育成セキュリティ動向失敗事例リスクマネジメント規程広報サポート・広報ツール制作属人化スキャナ保存ナレッジマネジメント電子ファイル廃棄事例情報共有ファイリング意欲ラベリング対策成功共有効果リスク方法分類コミュニケーションマニュアル目標職場環境森友学園C文書管理規程作成文書削減C秘密情報C紙文書電子化公文書管理法情報公開ナレッジ記録C番外編文書管理 メリット文書管理マニュアル文書保管C文書管理事例C業務効率化Cスキャナ保存期間南スーダンマイクロフィルム文書のライフサイクルアート基準C契約書管理全文検索契約書 電子化誤廃棄文書管理規則保存媒体組織C文書管理導入文書保存C文書管理コンサルC情報共有電子化 成功説明責任CリスクマネジメントCe-文書法紙文書 電子化働き方改革訴訟内部統制ペーパーレスペーパレスC文書管理導バイタルレコードテレワークB事例
会社情報