ナレッジマネジメントのはじめの一歩から活用まで(1)

企業は、毎日、大量の文書を生産しています。これらの文書をどう生かして生産効率を高めるのか、あるいは、どう創造性につなげることが現代における課題となっているようです。

また、働き方改革などにも後押しされて、それらの課題の重要性が高まっています。

今回は、文書をナレッジとして生かすことに焦点をあてて文書管理(基礎)、情報収集(発展)、利活用(循環)について考えてみましょう。
  • 第1回 基礎:ナレッジマネジメントの基礎となる文書管理
  • 第2回 発展:ナレッジの発展!積極的な情報収集を検討する
  • 第3回 循環:情報の利活用

第1回 基礎:ナレッジマネジメントの基礎となる文書管理

ナレッジマネジメントの「ナレッジ」とは?

このサイトでは、ナレッジマネジメントに関する記事を過去にも掲載しています。
文書管理を行っていることがイコールナレッジマネジメントが行われていることではありません。
ただし、ナレッジマネジメントが行われているのに文書管理がなおざりになっていることはないでしょう。

このことから、文書管理はその基礎となると言えます。

文書管理が「文書」を対象としていますが、ナレッジマネジメントのナレッジとは何を対象としているのでしょうか。

辞書などには「知識・情報」というような広義の意味、
組織に焦点をあてた「組織の知識・経験・事例・ノウハウなど」と案内されています。

企業にとって、明らかな顧客事例や製品製造ノウハウは、これらには間違いなく該当しますが、知識や経験はどこにあり、何に含まれているのか疑問に思ったことはありませんか。

ナレッジは現場にある


知識や経験は現場にあり、現場で採取することができます。

では、いったいどんなものが現場で採取することができるのでしょう。

・提出済みの提案書
営業活動が顧客別に縦割りになっており、提案書を共有することがない。各自の文書を共有する習慣がないため、見せてもらいにくい。

・失注案件の資料
案件が失注すると関係者だけで静かにその営業プロセスが終了する。関係者以外は、顧客名や案件名すら知らない。

・取扱い商品の情報
提案などに使った商品の説明を担当者は聞いているが、他の人は聞いていない。資料がただ置いてあるだけで、提案への生かし方までは伝えられていない。

・製造現場での人の動き
マニュアル化されていないが習慣となっている、製造現場の動作については、特に文書化されていない。現場では当たり前に行われているが、重要なノウハウが含まれている。

いわゆる前線には情報があり、それが企業の上層部や中央には伝わりにくい現状があります。

ナレッジは文書のライフサイクルの中にある


今述べたナレッジは、その企業活動によって、ステータスを変えながら流れていきます。

文書であれば、
①発生
②処理
③保管
④保存
⑤廃棄

という、文書のライフサイクルです。
この中で、①②は発生したばかりの新しいもので現場にあります。
③④については、なんどか整理選別され、生き残ったものとなります。

ナレッジが共有出来ない問題とその理由

ナレッジが共有出来ない理由を考えてみました。

①担当者による囲い込み
オレオレ主義
誰でも承認欲求はあるものです。情報を持っていればライバルよりも有利となります。このため、情報を囲い込もうとする人もいます。一般の人は自分の徳にならなければ、面倒なことはしません。
しかし、それを企業が許してしまえば企業の力が弱体化してしまいます。

②ステータス毎に異なるシステムの利用
これも原因の1つではないかと考えています。
営業用の「CRM:顧客関係性マネジメント」と、受注管理システムは異なり、ファイルサーバーが存在するなど、それぞれの部門やその時の会社の課題に応じて導入してきたシステムにデータが分散して入れられています。

③文書管理体制はあっても実践するアドミニストレーターがいない
文書管理に導入した体制は会社を挙げてそれを実行するためにはなくてはならないものです。また、責任者に経営層を入れ、事務局を作り、各部に実践をする管理者をおいています。
この体制の上に、毎日の文書管理の実践、ナレッジの収集、利活用の支援を手を動かし実践する人物(アドミニストレーター)を配置します。部門横断的かつ、情報システムをも横断的にナレッジの視点で支援します。

文書管理とその上でのナレッジマネジメントへの一歩

今まで説明してきたことをまとめますと、
ナレッジマネジメントの基礎として「文書管理を実現する」その上で、
統合的な管理を行うために専任のアドミニストレーターを配置するのがベストと考えられます。

御社もさらに上を行く文書管理を行ってみませんか。

コンサルティング事業部/石川

※関連記事

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟
会社情報