文書管理ルールを作るときの5W1H

文書管理のルールを作るときの切り口は、さまざまなものがあります。
以前は文書のライフサイクルという切り口をご紹介しました。
今回は5W1Hという観点で考えてみたいと思います。

Why

なぜ文書管理に取り組むのか?
これは文書管理を行う目的に位置付けられます。
目的はメリットと同義と捉えて、これを全社員で共有することが大切です。
文書管理の目的=メリットは、トップマネジメント・ミドルマネジメント・ロワーマネジメントなど組織の階層区分によって異なります。
それぞれの階層区分の観点から打ち出すことが望ましいと考えられます。
文書管理規程やマニュアルの冒頭に、文書管理の目的は必ず記載しましょう。

What

何を対象とするのか?
具体的にはどのような文書が対象なのか、それは紙なのか電子なのか、本社だけか拠点も含むのか、正規社員のほか非正規社員にも適用するのかなど、
文書や媒体、あるいは従業員など、ルールの対象範囲は明確にしなければなりません。
文書管理ルールには「適用範囲」や「用語定義」などの条項を設けて記載するようにしましょう。

Where

どこに保管や保存をするのか?
紙であればキャビネットや書庫のロケーション番号、電子であればファイルサーバにあるフォルダの格納先など、「What」で定めた文書をどこに保管・保存するかをルール化します。
このルールは規程等に文章で記載するというより、文書管理台帳として一元管理すれば、だれもがスピーディに文書を探すことが可能になります。

When

「いつまで?」「どのタイミングで?」正式文書を保管・保存・廃棄するのか?という観点です。
作成して承認された文書=正式文書が、いつまでオフィスに保管され、
いつまで書庫に保存され、やがて廃棄されるのか、これを文書ごとにルール化します。
これを文書のライフサイクル管理といいます。
いつまで保管・保存をするかを判断する基準は、文書の利用頻度、法で定められた保有期間、その他歴史的価値・業務的価値などになります。
これらの基準で定めた保有期間は、「Where」のところでご紹介した文書管理台帳で管理するとよいでしょう。

How

手法や仕組みに位置付けられます。
文書の原則的な作成方法やワークフローの手続き、ファイリングの方法、廃棄の際に選別基準など、文書のライフサイクルごとに手順レベルで記載します。
かなり具体的な記載内容になるため、記載する先は文書管理のガイドラインやマニュアルなどがよいでしょう。


今回は文書管理のルール作りを、5W1Hという観点で考えてみました。
以前ご紹介したライフサイクルという切り口など、
様々な切り口からルールを作成することで漏れの無いルールを作成することができます。
参考資料が欲しいという方はこちらをどうぞ。

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟C文書管理導ペーパレスバイタルレコードテレワーク
会社情報