劣化したマイクロフィルムを救おう!

過去に作成した多くのマイクロフィルム。
経年劣化が進んでいるからどうにかしてほしい、というお問合せをよくいただきます。
今日はマイクロフィルムの劣化対策について紹介します。

マイクロフィルムの劣化とは?

製造業や金融業など様々な企業で、過去に作成したたくさんのマイクロフィルムを今も保有しています。
マイクロフィルムを保有している企業の多くは、
記録されている情報の中身やオーナー(保有責任者)がわからない状態にあるため、
書庫の奥深くで放置状態といったケースも少なくありません。
とはいえ、利用価値のある情報が記録されているかもしれないので捨てるわけにもいきません。
長らく放置状態にあるマイクロフィルムは、劣化が進行していきます。
もちろん保存環境にもよりますが、マイクロフィルムは高温高湿にめっぽう弱く、
第1段階では酢酸臭(すっぱい臭い)を放ち、フィルムが歪み始めます。

さらにそれを放置すると第2段階で、下の写真のようにフィルムが蛇行し始めます。
もっと進行すると第3段階で、いよいよフィルムが崩壊します。
もうこうなると閲覧はもちろん不可能ですし、手の施しようがなくなるため、
記録されている情報は二度と見ることはできなくなります。
どんなに遅くとも第二段階で対策を講じることが必要です。

劣化したマイクロフィルムへの対策とは?

さて、それではどのような対策を講じればよいのでしょうか。
対策としては、主に2つの手段があります。

1つはマイクロフィルムを複製することです。
劣化しつつあるフィルムの複製をとり、
マイクロフィルム保管を継続する方法です。

もう一つは電子化することです。
マイクロフィルム専用スキャナによってPDFなどの電子画像にコンバートすることで、
PCなどでの閲覧が可能になります。

マイクロフィルム保管と電子保管には、それぞれ長所・短所があります。
詳しくはこちらをご覧ください。

このような手段により、情報が読めなくなるという最悪の事態を回避します。
しかしこれらの手段も、先にご紹介した第2段階(フィルムが蛇行した状態)では、
複製機やスキャナにかけることはできません。

蛇行してしまったフィルムへの対策として、
弊社にはフィルムの平面化という技術があります。
蛇行したフィルムは、
こうした技術を利用して平面化することで、
マイクロフィルムの複製機やスキャナにかけることができます。

劣化対策をするフィルムを選定しよう

複製、電子化のいずれの手段をとるにしても費用がかかります。
費用を最小限におさえるためには、
保有しているマイクロフィルムの劣化の度合いをリールごとに調査し、
複製、電子化の対象とするフィルムを選定しなければなりません。
つまり、劣化が進行しているものから優先的に対処していくことになります。

劣化調査にはいくつかのやり方があります。
最も簡便な方法は、臭いです。
先にもご紹介した通り、劣化したフィルムには酢酸臭があります。
マイクロフィルムを手に取って、酢酸臭がするものは優先的に複製や電子化の対象とします。

もう少し突っ込んだ調査方法として、
マイクロフィルムの劣化度を数値化する手法があります。
ADストリップという調査用具(リトマス試験紙のようなもの)を使用すると、
マイクロフィルムの劣化の度合いを数値化することができます。
この調査で1.5以上の値が出たフィルムは、緊急性が高いフィルムということになります。

弊社ではこの劣化調査サービスを行っており、
成果物として数値化した結果をリストにまとめて提供します。
これにより優先的に対策をすべきフィルムを、即座に選別することが可能になります。

http://www.nichimy.co.jp/service/degradation/
ニチマイ 劣化フィルム救済対策

劣化の進行を防ぐための対策

劣化の進行を防ぐための対策がいくつかあるのでご紹介します。

①JISで規格化された条件下で保管する

先にもお伝えしましたが、マイクロフィルムの劣化の主な要因は、保存環境です。
マイクロフィルムの適正な保存環境については、JISで規格化されています。
このような条件下で保管することで、劣化を防ぐことができます。


②乾燥剤

フィルムは特に湿気に弱いため、このような乾燥剤を使用すると劣化の進行を防ぐことができます。
下の写真は当社で販売しているマイクロフィルム用乾燥剤です。


③酢酸吸着シート

こちらは劣化がある程度進行し、酢酸臭がしてからの対策用具です。
文字通り酢酸を吸いとってくれるシートです。
下の写真は当社で販売している酢酸吸着シートです。
ご注意いただきたいのは、このシートを活用すれば劣化が進行しないということではありません。
劣化の進行を緩和する役割を果たすツールです。


繰り返しになりますが、劣化が進行し過ぎると手の施しようがなくなり、
手遅れになります。
マイクロフィルムの劣化に気づくきっかけの大半は臭いです。
酸っぱいにおいがするなぁと感じたら、
早めにご相談ください。

コンサルティング事業部/鈴木

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟C文書管理導ペーパレス
会社情報