事例で考える 文書をとりまくリスクマネジメント!

文書の取扱いには、情報漏洩、紛失、盗難、誤廃棄などのリスクが伴います。リスクに対応して行くためには、何をしたらよいでしょうか。「管理」と「教育」を軸にステップ毎に説明します。

誤廃棄の事例

インターネット検索で「文書△誤廃棄」でクリックすると多くのニュースが表示されます。しかも毎年更新されています。このことで、如何に誤廃棄事故が発生しているかを知ることができます。

ある東京近郷の自治体で、「火災調査書」と「救助出場報告書」などの誤廃棄事故があったそうです。この原因は、2種類の文書は保存期間が10年でしたが、ある年に1種類だけ5年に変更されました。しかし、もう1種類は見つからずも一緒に廃棄されてしまった可能性が高いとのことです。

重要な「管理」、「教育」

この事例のような事故を無くすために重要となるポイントは、「管理」と「教育」の2つです。
「管理」は、適切なルールを適用し、それに応じて対応を行います。
「教育」でそれらを組織全体に知らせ浸透させます。
この事例では、保存期限変更の必要性が発生した時、管理者は、「管理」面で対応を行いました。しかし、それが通達されていなかったあるいは浸透していなかったためにこの事故が起こりました。ここで「教育」の大事さが浮き彫りになります。
「管理」と「教育」を軸にステップごとに対応方法をまとめました。

ステップ1:ルールを作る

文書管理規程の整備や運用マニュアルの作成などは取扱いの基本となるルールです。これらに基づいて個別文書はファイル管理表でルールを明らかにします。保存年限などは、法改正などによって変更になることがありますので、適切なルールを常に保てるようにしなければなりません。

ステップ2:ルールを知らせる

法改正などで保存年限などの変更が行われた際には、関連する情報の変更も行います。例えば、ファイル基準表(リテンションリストともいいます。)の該当する箇所の更新を行います。文書管理システムの場合はデータレコード更新を行うことになるでしょう。管理の基本となるデータを更新しておけば、作業時にこれらのリストを確認することによって、通達ミスがあっても補完することができます。

また、「教育」の領域になりますが、変更点を組織全体に通達する、作業時に変更点を確認するよう促すことが必要です。

事例では、管理情報は変更したがうまく伝わっていなかった、廃棄作業時に作業する人の気づきがあるような状況になかったと考えられます。もしかしたら、ファイル基準表を作業時に確認することが徹底されていれば防げたかも知れません。

ステップ3:ルールを守る

管理側で、ルールを設定しその通達を正しく行ったとしても、作業者がそのルールを無視して作業をしてしまえば、やはり事故は起こります。では、ルールを守ってもらうためには何が有効でしょうか。ここでもやはり教育が大切です。「何故、ルールをまもることが必要なのか」をわかってもらわないとただ従うだけになってしまい、「やらされ感」が発生しルールを忘れたり無視する人が増えてしまいます。意識を高めること、事故の起こらない「作業手順」説明を啓蒙します。毎年の文書整理イベントの前行うと効果的です。

ステップ4:ルールが守られているか確認する

今回は事故が発生したことで問題が発覚しましたが、新しく変更されたルールがある場合には、守られて作業がすすめられていることを確認します。抜きとりで検査し、間違いなどを見つけ出します。ルールが浸透されていないことや解釈の違いなどが発見できます。

事故の起こりにくい体制を整える

ステップ1から4を実行するためには、体制づくりが欠かせません。組織的に対応できるような体制づくりを目指しましょう。

コンサルティング事業部/石川

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟C文書管理導ペーパレス
会社情報