光ディスクの長期保存

CDやDVDなどの光ディスク。長期保存の電子ファイルを保存するのに利用している企業も多いと思います。
今回は長期保存という観点で光ディスクと他のメディアの比較や、長期保存対策などについてご紹介します。

保存媒体の比較

電子ファイルを保存するのに利用されている媒体はいくつかありますが、
どの媒体が最適なのでしょうか。
いくつかの媒体を例に挙げ、比較してみます。

耐用年数については磁気テープのほうが長いと言われていますが、
磁気テープは媒体の脆弱性に不安が残ります。
その他のHDDや半導体メモリは脆弱性、耐用年数共にリスク大です。
長期保存という観点では、光ディスクが最も適していると言えます。

光ディスクの劣化要因と対策

長期保存に光ディスクは適していますが、様々な要因で劣化することもあるので、注意が必要です。
劣化の要因と対策は次のようなものになります。

劣化要因の多くは、保存環境とメディアの品質であることがわかります。
以下ではこの保存環境の対策とメディアの品質確保の対策をご紹介します。

光ディスクの最適な保存環境

光ディスクの長期保存については、JIS Z 6017 : 2013で規格化されています。
規格では、光ディスクを保存する上での良好な環境下を次のように示しています。
また、その他のポイントとして、
・盤面に収録内容の概要(タイトルや管理番号)を記載する。
・ケースに入れて保存する。
・記録媒体ごとに、収録されているデータファイルのインデックスも一緒に格納する。
などがあります。

光ディスクの品質確保

光ディスクの品質を測定、確保するためにディジタルエラーの値を検出します。
ディジタルエラーとは、CDやDVDに記録する時、または記録したデータを読み取る時に発生するエラーの割合のことです。値が高ければ高いほど、媒体の品質レベルが低く、劣化が進行しているということになります。ディジタルエラーの測定は、専門の測定機器を使用して行います。測定をするタイミングは、データの書き込み時と、書込み後5年周期で定期検証をするのが望ましいと規格にはあります。
全体の検査フローとして、JIS Z 6017 : 2013では次のようにされています。
データ書き込み時(初期品質検査)と定期検査時において、
後述するディジタルエラーの値が基準値をオーバーしていた場合には、
媒体移行などの対策を講じなければなりません。

エラーレートを検出する=初期検証=

まず、電子ファイルを光ディスクに焼くときにディジタルエラー値を検出します。
その時の判定基準については、JIS Z 6017 : 2013で次の通り示されています。
記録品質としては、状態1の値が合格で、
状態2の場合は不合格とし、必要に応じて再作成をするよう規格では示されています。

ディジタルエラーを検出する=定期検証=

JIS Z 6017 : 2013では、最初の書き込みから5年程度を目安に検査をするよう示されています。
5年経過してどのくらい劣化したかを数値で確認、その値に応じて対策を講じます。
値に応じた対策を講じなければ、いざファイルを開きたいときに見ることができなくなってしまいます。

マイグレーションをする

マイグレーションとは、電子ファイルを最適なメディアに移し替えることを言います。
ディジタルエラーの検出結果において、エラー数値が高かった場合、あるいはデータフォーマットやメディアの規格が更新されたときにマイグレーションを行います。
ディジタルエラーの検出はしなくても、定期的に保存しているメディアの検査とマイグレーションの計画をルール化しておくことが必要です。
規格でも保存する文書の保存計画に応じて頻度を決めるよう定めていますが、少なくても5年に一度はするようにしましょう。

「組織の知カラ」に 相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと
タグ
リスクマネジメント事例電子化業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策文書管理規程情報共有属人化アーカイブe文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書文書管理コンサル図面紙文書ファイル研修削減移転維持管理文書管理システム成功ルール共有分類e-文書法情報管理ナレッジマネジメント情報意欲成果電子ファイル労働生産性情報収集非定型定型コミュニケーション公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書保管効果コスト人件費セキュリティ情報漏えい図書館組織力博物資料ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング組織化文書管理規程紙の電子化失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標文書管理マニュアル文書のライフサイクル文書保管文書保存ナレッジ森友学園南スーダン保存期間公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任保存媒体マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟C文書管理導ペーパレスバイタルレコードテレワークB事例ハンコレスDXデジタルトランスフォーメーションファイルサーバ
会社情報