ファイル名・フォルダ名のルール ~4つのポイント~

ファイルサーバなどに保管されている電子ファイル。
ファイル名やフォルダ名がわかりにくくて探せないなんてことはありませんか?
今回は見たいファイルを探しやすくするフォルダ名やファイル名のつけ方について、
4つのポイントをご紹介します。

ポイント①:ファイル名の構成要素を決める

電子文書のファイル名をどのように構成するかをルール化して統一します。
一般的には、
・文書種別名
・件名
・相手先名称
・日付
・版番号
などにより構成されます。
これらの区切り文字の記号も統一します。
その際、取引先との受発注システムや公共機関への申請システムなどで使用できない記号は、使用しないよう注意します。

ポイント②:順番が変わらないようにする

書類ごとに何順に並べるかのルールを決めて、
その順番が変わらないようにネーミングルールを決めて統一しなければなりません。

例えば契約書であれば、
日付順に並べたいのか、
顧客名順に並べたいのかによってネーミングルールが決まります。

当然、日付順であれば桁数をきちんと統一しなければなりません。
また、顧客名順であれば、漢字かカタカナかなどによって表示される順番が変わるので、
頭文字をつけなければなりません。
ファイル数が多い場合は、「ア行」「カ行」・・・などのフォルダを作成すると探しやすくなります。

ポイント③:簡潔で意味が分かるネーミングにする

誰が見ても理解できる言葉を使うよう心がけます。
自分独自の略称などはなるべく避けましょう。

また、説明過剰な長いネーミングは検索に不便なので、
短く簡潔にまとめることも重要です。

そして悪い例として最も多いのが曖昧な表現です。
ファイル数が増えてくると、「〇〇関係」「〇〇等」「その他〇〇」などといったフォルダ名が出現します。
これらも探しにくくなる要因となるので、
なるべく具体的な文書名に分類しましょう。

ポイント④:バージョンがわかるようにする

バージョンが増えるにつれ、
「仮」「最終」「最終の最終」などとネーミングし、
版の順序がわかりにくいファイルが増えることがあります。
そうすると誤った情報を使ったり相手方に送ってしまったりする恐れがあります。
特にどれが最新のデータなのかは明確に判断できるようにしなければなりません。

また、最新(最終)の文書があればよい場合は、古い版の文書を随時削除することも重要です。

まとめ

フォルダ名やファイル名のネーミング方法について、
4つのポイントを紹介しました。
これらはより具体的にマニュアル化し、
内部教育などを通じてメンバーへの周知徹底を喚起します。

マニュアルをどのように作成したらよいかわからないという方は、
ぜひご相談ください。

コンサルティング事業部/鈴木

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟
会社情報