アルパカのあしあと

文書管理 ナレッジ アーカイブ

catch-img

第85回 デジタルアーカイブサロンに参加しました

5月11日の金曜日に第85回(通算104回)に参加しました。

デジタルアーカイブサロンはは、アーカイブを中心にいろいろな話題を取り上げて来ていましたが、今回は、「アーカイブズを考えるにはレコードマネジメントを考えなければならない」と、最初のところでお話しがあり、文書管理を進めて行こうとするこの「組織の知カラ」とアーカイブズがつながることを他の方から言っていただけたような気がしました。

現用のの業務を知るヒトでなければ、「収集」「整理」は対応困難であり、発生の時点からアーカイブズまで行く価値を持つ文書は、文書発生元の管理のままとせず、その組織のものとしてアーカイブズに組み込むなど、文書管理の課題を解決するヒントもたくさんありました。

また、文書管理の教育を受ける機会がなく、仕事を進めているような場合は問題が発生してしまうので、教育は必要であるというお話しもあり、共感できました。



「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

お役立ち記事

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。


「肥大化する共有フォルダを統制し、探せないを無くす!」を見てみましょう

共有フォルダの情報共有に課題を持つ文書管理責任者、担当者の方にお勧めの資料です。


まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。


「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。


記事カテゴリ一覧

タグ
会社情報