アルパカのあしあと

文書管理 ナレッジ アーカイブ

catch-img

レコードマネジャー

昨年の6月にワシントンDCに行った時のアメリカ国立公文書館の写真です。これは、本館の方ですが、昨日、新館に9年間留学されていたことのある沖縄県立公文書館の仲本さまが、日本記者クラブで講演されたニュースがありました。

■公文書管理、罰則規定を 沖縄県公文書館の仲本和彦氏が講演

この講演の中でも、文書は発生から廃棄までライフサイクルがあり、川上と川下に例えられること、川下を担当するのはアーキビスト、川上を担当するのはレコードマネジャーであるとありました。

アメリカの公文書館の正式名称は、”National Archives and Records Administration”で、この名のとおり、アーカイブズと文書管理の両方を担うということが示されています。

現用文書の管理が如何に大事かということになり、今後ますます注目されていくことになりそうです。



「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。


文書管理サービスページから6つの資料がダウンロードできます。

このページでは以下の説明と資料のご案内をしています。

文書管理ルール
ファイルサーバー共有フォルダ
ペーパーレス化支援
法定保存文書
文書管理研修サービス
維持管理支援



「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。


記事カテゴリ一覧

タグ
会社情報