11月2日 文書管理セミナーを開催しました!

毎年開催している「アーカイブレコーディングセミナー」。
14年目の今回は公文書の適正な管理ということをテーマに、
「公文書管理対策セミナー」を開催しました。

講演プログラム

行政機関の保有する情報の公開に関する法律(通称:情報公開法)や公文書等の管理に関する法律(通称:公文書管理法)、特定秘密の保護に関する法律(通称:特定秘密保護法)など、公文書と関わりの深い法律が次々と施行されています。そんな中、最近においては森友学園問題や南スーダンPKO日報問題など、保存期間に関する問題がクローズアップされるなど、公文書管理のあり方に対する関心が高まっています。
一方、公文書管理法では、地方公共団体においても公文書の適正な管理に関して対策を講ずるよう示されておりますが、財政難や公文書管理を行う人材の不足などを背景に、その要求に十分に応えきれないといった声もよく聞かれます。
今回行ったセミナーではこれらの状況を踏まえ、自治体の文書管理ご担当者様を対象に、自治体における文書管理の実践事例や長期保存対策、市民のニーズに応える情報発信などのテーマを中心に講演をご用意致しました。

<基調講演>
『港区役所 ファイリングシステムの導入と実践事例』
講師  港区役所赤坂地区総合支所長  森 信二 氏

<講演1>
『文書の長期保存を実現するデジタル・アナログのハイブリッド活用』
富士フイルム株式会社 土橋氏
株式会社ムサシ 永嶋氏

<講演2>
『地域の歴史的価値を発掘する!』
~米国国立公文書館における資料収集・調査事例~
株式会社ニチマイ 海外チーム    長谷川 友洋

<講演3>
『文書管理の実践効果と事例紹介』
株式会社ニチマイ コンサルティング事業部   鈴木 憲彦

基調講演 『港区役所 ファイリングシステムの導入と実践事例』

基調講演では、弊社でも文書管理コンサルとして支援させていただいている港区で、現在は赤坂支所長の森様から講演いただきました。
公文書管理の意義や実践的なファイリングの方法、
文書保管庫における文書保存の方法に至るまで、
経験に基づいた実践的な内容の講演をしていただきました。

講演1 『文書の長期保存を実現するデジタル・アナログのハイブリッド活用』

この講演は、このセミナーを共催していただいている富士フイルム株式会社様と株式会社ムサシ様に講師をしていただきました。
「紙」「デジタルデータ」「マイクロフィルム」などのアナログとデジタルには、
メリットとデメリットがあります。
これらを使用頻度や保存期間などに応じて使い分ける、まさに「ハイブリッド活用」についての講演や、
JIS Z 6017の規格に基づいた、デジタルデータの長期保存方法についての講演でした。

講演2 『地域の歴史的価値を発掘する!』~米国国立公文書館における資料収集・調査事例~

これまでの講演は「今ある文書」をどう管理するかを主体としたテーマでしたが、
この講演では少し目線を変えて、価値ある文書を「新たに発掘する」というテーマの講演でした。
当社は米国国立公文書館で、何かのテーマやキーワードを手掛かりに、資料の収集・調査するといった事業を行っております。
そのような資料の収集・調査事業における事例を中心とした講演をしました。
事例の一部をご紹介します。

・武蔵野ふるさと歴史館様「中島飛行機製作所に関する資料の収集」
戦時下において、アメリカ軍が現在の武蔵野市を爆撃のターゲットとする資料を当社の米国スタッフが米国国立公文書館で収集しました。
武蔵野市様ではこれらの資料を活用した企画展が行われました。
 
・厚生労働省様 「硫黄島戦没者遺骨収集に係る資料の収集」
厚労省様は、硫黄島における戦没者の遺骨の収集と帰還に取り組む事業を行っています。
戦時下の硫黄島の戦場において、米国は日本兵をどこに埋葬したかについて記録しており、そうした資料を当社の米国スタッフが米国国立公文書館で収集しました。
これらの資料により日本兵の埋葬地がピンポイントで把握できたため、
遺骨の収集数が飛躍的に増加し、戦没者の遺骨帰還に貢献しました。

講演3 『文書管理の実践効果と事例紹介』

この講演では、公文書管理の目的やメリット、そして文書管理にはどのような効果がどのくらいあるのかということを、実践事例を交えて紹介しました。
事例の中では主に、当社による港区様へのコンサルティングの内容を紹介しました。
「港区様が何をやりたかったのか」「それに対して当社がどのような支援をしたか」といった内容です。

講演時の資料がほしいという方は、こちらからお問合せください。


コンサルティング事業部/鈴木

「組織の知カラ」に 相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
整理整頓電子帳簿保存法成功事例維持管理デメリット整理経理書類文書管理規程文書管理コンサル文書管理システムセミナーデザインコツ紙文書研修ルール情報メリット博物資料BCP移転e-文書法情報管理公文書館専門家アーカイブ労働生産性定型秘密文書保管コスト情報漏えい組織力ランキング業務効率化契約書活性化情報収集契約書管理紙の電子化e文書法成果人件費検索ファイル削減非定型図書館組織化文書管理写真広報人材育成セキュリティ動向失敗事例電子化属人化スキャナ保存ナレッジマネジメント電子ファイル廃棄リスクマネジメント規程広報サポート・広報ツール制作事例情報共有ファイリング意欲ラベリング対策成功共有効果リスク方法分類コミュニケーション文書図面スペース展示ワークフローマニュアル目標職場環境森友学園C文書管理規程作成公文書管理法情報公開ナレッジ記録C番外編文書管理 メリット文書削減C秘密情報C紙文書電子化文書管理マニュアル文書保管C文書管理事例C業務効率化Cスキャナ保存期間マイクロフィルム南スーダン文書のライフサイクルアート基準C契約書管理契約書 電子化誤廃棄全文検索文書保存C文書管理コンサルC情報共有電子化 成功紙文書 電子化文書管理規則保存媒体組織C文書管理導入説明責任CリスクマネジメントCe-文書法働き方改革訴訟内部統制ペーパーレスC文書管理導ペーパレスバイタルレコードテレワークB事例
会社情報