アルパカのあしあと

文書管理 ナレッジ アーカイブ

catch-img

第92回デジタルアーカイブサロンに参加しました

12/14(金)に第92回デジタルアーカイブサロンに参加しました。

今回の議題は、「海外視察報告」でした。

前半は、アメリカ・アーキビスト協会(SAA)年次大会参加報告でアーキビストの筒井弥生さんからでした。今年は、ワシントンDCで行われたため、弊社の米国事務所も注目していた大会です。IBMのアーキビストの発表もあったらしく、企業アーカイブズの視点でとても興味を持ちました。

後半は、動画アーキビスト協会(AMIA)2018年次大会参加報告でオムニアートの前川充さんからでした。QuickTimeXが単なる再生ソフトではなくマルチメディアソフトになったこと、DeepFakeの合成方法など、興味深い技術の紹介がありました。

日本でも専門家が集合して新しい技術を見たり聞いたりするイベントはありますが、年々縮退しているような気がします。インターネットの普及で行かなくてもある程度要件は満たせるということかもしれません。でも、今回の視察報告でやはり行かなければ得られない、交流や臨場感はあるのだなと感じました。

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

お役立ち記事

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。 

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

お客様の各種事例を紹介しています。


「肥大化する共有フォルダを統制し、探せないを無くす!」を見てみましょう

共有フォルダの情報共有に課題を持つ文書管理責任者、担当者の方にお勧めの資料です。


まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。


「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。


記事カテゴリ一覧

タグ
会社情報