アルパカのあしあと

文書管理 ナレッジ アーカイブ

catch-img

プランゲ文庫に係る展示

プランゲ文庫は、アメリカのメリーランド州立大学の図書館に所蔵されるコレクションで、太平洋戦争後の1945年から1949年までに日本で出版された印刷物のほとんどを所蔵しています。このため、日本の戦後をうかがい知る貴重なコレクションとして知られています。また、占領下において検閲目的で収集されたことから、その検閲の跡を見ることができます。

当社の米国事務所では、プランゲ文庫のプロジェクトを行っています。事務所長が来日したこともあり、帝国データバンク史料館で開催されている展示会を伺いました。

■帝国データバンク史料館

テーマ展示:プランゲ文庫とその時代 ~GHQ検閲資料が伝える戦後出版文化の素顔~

http://www.tdb-muse.jp/ex-special/special16.html

カラーの資料が多く使われ、当時の世相がわかるような身近な週刊誌なども解説されていて、わかりやすく展示されていました。展示内容についても説明を受けることができました。

こちらの展示は6/30までとなっています。

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは 文書管理3点セットを 手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。 文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。


文書管理サービスページから6つの資料がダウンロードできます。

このページでは以下の説明と資料のご案内をしています。

文書管理ルール
ファイルサーバー共有フォルダ
ペーパーレス化支援
法定保存文書
文書管理研修サービス
維持管理支援



「文書管理の教科書」を 見てみましょう

問題はあるのだけど何から始めていいかわからない、文書管理の手順を確認したい、そんな方はこの資料を見てみましょう。


記事カテゴリ一覧

タグ
会社情報