文書管理規程について職場のみんなは理解している?

文書管理規程はあるけれど、組織や業務形態の変化、コンピュータによる情報化が進むにつれて、現状とのズレ感じることはありませんか。また、職場のみんなは規程の規程を理解しているでしょうか。管理部門以外は、見たことさえない人もいる組織もあります。

文書管理規程について振り返ってみましょう。

文書管理規程について考えてみると。。

文書管理規程について考えてみましょう。
文書管理規程を作成したのいつのことでしょうか。現状の業務とマッチングしていますか。形骸化しているようなことはないでしょうか。規程の内容は業務に影響します。

規程 マニュアル 各種リスト

 

規程は業務の決めごとの一番の基本になること!

チェックポイント

以下にチェックポイントをあげてみました。

文書管理規程を作成したときは、他の規程と合わせて一気に作成した。

  • 文書管理規程を作成したのは、株式上場、ISO取得などがきっかけであったため、業務に照らし合わせて見直しをする余裕が今までになかったケースで、業務ととマッチングしていない状況が見受けられます。

電子ファイルや文書管理システムについての言及がない。

  • 電子ファイルの利用は、年を追う毎にその割合がどこの組織でも増加しています。なのに、規程が古くて電子ファイルやシステムに対して言及がなくこの部分が野放しになっているケースです。

情報管理規程との位置づけが明確でない。

  • 電子ファイルでの漏洩は、その件数が多大になることから、情報管理規程で守られていることが多いです。しかし、同じ情報を扱う文書管理規程との位置づけを明確化していないために曖昧な事項があったりするケースです。

さて、当てはまるようなことはあったでしょうか。

組織内での文書管理規程の理解度について考えてみると。。

文書管理規程がしっかり作成されていても、それが組織内で浸透していなければ、実行はされません。事実、「ルールはあったがルールが実行されていなかった」ために情報漏洩が発生した事例も存在します。

組織内で規程が理解され、浸透し実行されていくようにしなければなりません。それにはどうしたらよいのでしょうか。

組織の末端まで浸透させる工夫をする

一般に規程など社内のルールについては、新人研修の時に説明があることが多いようです。社会人としての自覚もないままありとあらゆることを詰め込まれるので「そういえば聞いたような。。。」という記憶しか残っていないこともあります。また、昇格後の研修などでも行っている企業も多いようです。この時には社会人になってからずいぶん経っていますし、重要だという意識も持っているので記憶に残っていきます。でも、文書管理規程は、職場の全員が関わることです。ですから、やはり、全員に説明するような工夫をしなければなりません。

具体的な方法をあげて見ましょう。

①社内通達する。
新規に追加された規程がある、更新された規程があるときには、「通達」という方法で正式に全社員に知らせます。

②キーマンへの個別説明をする。
文書管理に大きく関わる部署や、変更のあった規程に関係する部署のキーマンには別途個別に説明します。
例えば、文書管理責任者や情報システム担当者、総務責任者、法務責任者、また、それら担当役員などになります。

③社内報、社内ポータルサイトなどでもニュースとして掲載する。
社内で利用されているコミュニケーションツールである社内報や社内ポータルサイトなどにも掲載して社員への浸透性を高めます。社内SNSを使って社員への注意喚起を促している企業も最近は多く見受けられます。

④研修を行う。
①②③を全て、情報を受け取る側は「読む」行為が必要とされますが、研修形式は、「聞く」、「質問する」ことが可能となり、理解への効果が期待できます。

⑤理解度テストを行う。
規程の内容が理解されているかどうかについて、理解度テストを企画します。合格ラインに満たなければ再テストを行い、組織内に浸透させます。また、回答を集計・分析しどんなところがわかりにくいのか、説明する側にも見直しのヒントが得られます。

職場のみんなは意外と説明を求めている

文書管理規程は、ほぼ組織内の誰もがなにかしら毎日関わる規程です。知らなければ仕事がスムーズにはいきません。つまり業務に関わる影響が大きいのです。そういった理由から、「改めて説明してほしい。」という声が聞かれることが多いです。

文書管理規程の整備は、業務をスムーズにし、情報漏洩などのリスクから組織を守ります。一度、振り返ってその内容と職場の理解度について見直しを行ってみませんか。

コンサルティング事業部/石川

※文書管理規程を含めたサンプルドキュメントを無料配布しています。

「組織の知カラ」に相談してみる

文書管理を導入を検討してみたい、導入はしたが運用がうまくいっていないなど、文書管理についての不安はないでしょうか。まずは、お話を聞かせていただくところから始めます。お気軽にお問い合わせください。

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

組織の知カラとは?

文書管理の専門家が長年培ってきたノウハウを企業担当者に向けて配信するサイトです。

■お役立ち記事 

文書管理の悩みを解決するのに役立つ記事やセミナーなどのお知らせを掲載しています。

■サービス

文書管理の問題を解決するサービスを紹介しています。

■お客様事例

お客様の各種事例を紹介しています。

記事カテゴリ一覧

スタッフブログ アルパカのあしあと

まずは文書管理3点セットを手に入れてみましょう

サンプル無料配布中です。
文書管理には、規程/ガイドライン/法定保存年限の3点セットが必要です。あなたの会社のものを作成する前や見直しをする際にサンプルを見てみましょう。

タグ
図書館文書管理システムセキュリティコスト博物資料リスクマネジメント事例業務効率化方法整理整頓コツ契約書BCP対策規程情報共有属人化e文書法電子帳簿保存法スキャナ保存広報サポート・広報ツール制作写真ファイリング広報人材育成活性化成功事例文書図面紙文書ファイル研修削減移転文書管理コンサル維持管理成功ルール共有分類e-文書法情報管理電子ファイル意欲成果組織力組織化森友学園南スーダン保存期間保存媒体情報労働生産性情報収集非定型定型公文書館セミナー専門家メリットデメリットデザイン秘密文書文書管理保管効果人件費情報漏えい電子化ラベリング動向スペース検索廃棄整理経理書類展示リスクランキング文書管理規程紙の電子化コミュニケーション失敗事例契約書管理ワークフロー職場環境マニュアル目標ナレッジマネジメント文書管理マニュアル文書のライフサイクルアーカイブ文書保管文書保存ナレッジ公文書管理法文書管理規則情報公開説明責任マイクロフィルムアート記録全文検索組織文書削減基準C文書管理導入C文書管理規程作成C文書管理コンサルC文書管理事例C契約書管理C秘密情報CリスクマネジメントC業務効率化C情報共有Ce-文書法C番外編C紙文書電子化Cスキャナ紙文書 電子化契約書 電子化電子化 成功文書管理 メリット誤廃棄ペーパーレス働き方改革内部統制訴訟
会社情報